メニュー 閉じる

センダングサで染める。

大都会の片隅で逞しく生きる雑草たち。そんな植物たちにも、布を美しく染めることのできるものがたくさんあります。その一つが「アメリカセンダングサ」です。

▼アメリカセンダングサ

その名のとおり、北アメリカを原産とする帰化植物(外来植物)で、都会でも街路樹の脇や湿り気のある空地などに生えるキク科センダングサ属の1年草の雑草です。子供ころ、空地などで遊んでいると衣服に細長い植物の種がつきましたよね。あの植物のことです。
※以下、「アメリカセンダングサ」を「センダングサ」と省略します。


【 センダングサで染める方法 】


① 採取したセンダングサ

② これをよく水洗いし、ゴミや枯れた葉を取り除きます。

③ 水洗いしたセンダングサを長さ1cmほどに刻みます。

④ これを40分ほど煮出してから濾します。

⑤ この液で布や糸を浸し、弱火で40分ほど煮ながら染めます。

⑥ 40分後、液から布(糸)を出し、軽く水洗いしてミョウバンを溶いた媒染液(1リットルに10グラムほどのミョウバン)に40分ほど浸します。

⑦  その後、媒染液(ミョウバン液)から布(糸)を出し、ぬるま湯でよくすすぎ、陰干しして完成です!

絹の光沢によく合う色合いです。

当たり前のことなのかもしれませんが、植物染料で染めると、その植物がもっている色に染まります。今回も、最も上の写真のアメリカセンダングサの花(つぼみ)と似た色に染まりました。不思議なのが、花のない時季に採取したものでも花の色になります。また、媒染液を変えると茎の色になったりもします。本当に不思議です。

身近にある植物です。ぜひ!! チャレンジしてみてください!

1件のコメント

  1. ピンバック:貴重な雑草! – ひとつ屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。