メニュー 閉じる

【草木染】桜の紅葉(落ち葉)染めの方法

満開の花、新緑の緑、そして色鮮やかな紅葉――。四季折々に風情を変える桜は、日本人にとってとても身近な植物です。草木染めでは、春、花の咲く前の枝を煮出して染める方法が知られていますが、昔から「桜切るバカ、梅切らぬバカ」といわれるとおり、剪定をしない桜は染材が手に入りません。まして“花の咲く前の枝”を手に入れるのは、さらに難しいのではないでしょうか。 逆に、今回の『桜の紅葉(落葉)の染め方』の動画では、銅やチタンの本格的な媒染剤も用いていますが、アルミはミョウバンでも代用できますし、鉄は家庭でも作ることができるので、ぜひ!チャレンジしてみてください。

Flowers in full bloom, fresh greenery, and autumn leaves――Sakura(cherry trees), which changes color with the seasons, has been loved by the Japanese people. Branches before cherry blossoms bloom are used for Kusakizome(plants dyeing). But it has long been called “the fools who cut cherry trees, the fools who don’t cut plum trees” in Japan, so we cannot get the branches of cherry blossoms. It’s even harder to get the branches before they bloom. However, we can easily get the fallen leaves in the gardens and parks. What’s more, we can dye great colors more easily and in less time than using branches. We explain in detail how to dye using cherry leaves in this video. Please try dyeing traditional Japanese colors obtained from nature!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。