メニュー 閉じる

藍(タデアイ)乾燥藍葉(砕け)50g ◆ 草木染(材料)天然・草木染植物染料

インド藍や琉球藍、大青(たいせい)など、藍染に使われる植物は世界各地にあります。日本では古くから「蓼藍(たであい)」が用いられてきました。蓼藍はタデ科イヌタデ属の一年生植物で、中国の東部から朝鮮半島、さらに日本列島の中央部で栽培されてきました。インジゴが人工的に作られるようになってからは染料として栽培されることは激減しましたが、今も徳島県の阿波藍(あわあい)が有名です。
その染め方は、植物を煮出して染料を作る一般的な草木染の方法とはことなります。「乾燥藍葉染め」などで検索していただくと、その染め方を見ることができます。
ぜひ!日本の伝統色をお楽しみください。

※ こちらの商品は藍の葉を乾燥させるときに砕けるなどしたものですが、染まり方や染め方に問題はございません。染める際に排水口ネットに入れるなどすると作業しやすくなります。

※ この藍「(タデアイ)は、ひとつ屋染料農園で無農薬・有機肥料で栽培したものです。
※50gでTシャツ1枚、または大き目のストール1本を染めることができます(素材や染め方よって濃度や色味が異なります)。


▼ 乾燥藍葉

▼ 乾燥の際に砕けた藍葉ですが、染まり方や染め方に問題はございません。染める際に排水口ネットに入れるなどすると作業しやすくなります。


▼蓼藍の畑と生葉(ひとつ屋染料農園より)。


草木染染料販売


◆ ひとつ屋の植物染料について
ひとつ屋で取り扱う植物染料は、もともと生薬として販売されているものをはじめ、私たちが染め物や織り物に用いられる植物ばかりを育てている“ひとつ屋染料農園”で自家栽培したものです。
それらは可能な限り農薬や化学肥料を使っておりません。そのため、充分に注意はしておりますが、まれに虫などが混入している場合がございます。染料としての品質に問題はございませんので、あらかじめご了承ください。
安全でナチュラルな作品づくりに、ぜひ!お役立てください。


草木染用植物染料は、Amazon、楽天Yahoo!creemaminne などでも販売しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。