メニュー 閉じる

マリーゴールド(根を除く全草) 50g ◆ 草木染(材料)天然・植物染料

熱帯から温帯にかけて約50種が分布するマリーゴールド。その名は聖母マリアの祭日に咲いていたので“マリアの黄金の花”と呼ばれたことに由来するそうです。園芸種としては「フレンチ」や「アフリカン」などと名付けられたものがありますが、そのすべてがメキシコ原産で、フランスやアフリカ大陸とは無関係です。日本には寛永年間(1624~1644年)ごろに渡来しました。一般的には、観賞用に植えられますが、根に線虫の防除効果があるために他の植物と混植し、虫よけとして利用されることがあります。ひとつ屋の染料農園でも、この効果を目的にコンパニオンプランツとして、あちらこちらに植えています。春にタネをまくと、夏には大きく育つので、盛夏の前に剪定し、風通しをよくしてやります。その際に収穫した茎や葉、そして花は、とてもよい染料になり、掲載の色見本のとおり、綿を含めた各種の繊維をしっかり染めることができます。マリーゴールドは”ひとつ屋オススメの草木染め染料”の一つです。ぜひ!“マリアの花”にふさわしい色を染めてみてください。


▼ マリーゴールドの色見本
マリーゴールド(根を除く全草) 50g ◆ 草木染(材料)天然・植物染料

▼ 色とりどりのマリーゴールドの花
マリーゴールド(根を除く全草) 50g ◆ 草木染(材料)天然・植物染料

マリーゴールドで染めたストール。染め方は『マリーゴールドの染め方』をご覧ください。
マリーゴールド(根を除く全草) 50g ◆ 草木染(材料)天然・植物染料

※掲載のカラーサンプルをご参照ください。
※50gでTシャツ1枚、または大き目のストール1本を染めることができます(素材や染め方よって濃度や色味が異なります)。


草木染染料販売


◆ ひとつ屋の植物染料について
ひとつ屋で取り扱う植物染料は、もともと生薬として販売されているものをはじめ、私たちが染め物や織り物に用いられる植物ばかりを育てている“ひとつ屋染料農園”で自家栽培したものです。
それらは可能な限り農薬や化学肥料を使っておりません。そのため、充分に注意はしておりますが、まれに虫などが混入している場合がございます。染料としての品質に問題はございませんので、あらかじめご了承ください。
安全でナチュラルな作品づくりに、ぜひ!お役立てください。


草木染用植物染料は、Amazon、楽天Yahoo!creemaminne などでも販売しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。