メニュー 閉じる

日本茜(ニホンアカネ)、再出発!

昨年の夏、枯らしてしまった日本茜。気温が40度にもなり、西日の当たる大阪の圃場では、栽培に無理があるのかなと思っていました。ところが、最近になって畑の隅、ブロックの隙間から、その姿を見せてくれています これを涼しい伊賀(三重県)の農場に移植して増やし、来年は専用の畑を作ることにします。まさに! 再出発です。日本の伝統色の再現を楽しみにしていてください!

日本茜(ニホンアカネ)、再出発!

In last summer, I had died the Japanese madder (※Japanese madder is an ancient Japanese dye plant for red. But now it’s about to cease.). The reason is that the field where this is cultivated has a temperature of 40 degrees Celsius in summer, which is not suitable for cultivating Japanese madder in the west sun. However, I recently found it in the corner of the field I will transplant this to a cool farm in Iga (countryside of Japan) and increase it, and next year I will create a dedicated field. I will succeed in reproducing traditional Japanese colors in a few years! Please look forward to it!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。