メニュー 閉じる

いっぱい作りました。そして作ります!

コロナのせいでどこへも行けなかった令和3年(2021)の年末年始。先日のブログ『シャビーナチュラルな作業台』でも書いたとおり、お正月返上で工房の染織作業場を大変身させました。今日は、その全貌を紹介します。


▼まずは先日紹介した作業台です。脚にキャスターを付けたので、軽く移動させることができます。
いっぱい作りました。そして作ります!

▼そして、縫製用の作業台も作りました。ふつうのミシンとロックミシンを設置しました。
いっぱい作りました。そして作ります!

▼縫製用の作業台の下には引き出し付きのワゴンを作りました。引き出しには縫製の道具、その下にはカバーステッチミシンが収納できます。

▼こんなものも作りました。織り機の前に置く台です。織り物をするときには杼(シャトル)をはじめ、ハサミや針など、こまごました道具が多く、こんな台があれば便利だろうなぁ~と思って作ってみました。。

▼さらに、塩ビ管を立てた箱を作りました。染織に多い細長い道具、例えば、伸子や板杼がスッキリ収納できます。

▼そして、これが全貌です。上記のほかにも、染めた糸をかけておくためのバーを壁に取り付けたり、作品を干すための竿を天井から取り付けたりもしました。

▼そうそう!雨漏りしていた天井も修理しました。もちろん!雨漏りの原因の屋根も修理していました。

久しぶりに、めっちゃ木工DIYをしました。ついでに断捨離と大掃除をしたので、すごく機能的で使いやすい環境になりました。この部屋には流し台やコンロもあり、ほんと!染織には最高!の部屋となりました。もはや工房というよりも僕の“秘密基地”です。今回のブログのタイトルのとおり、ここで“いっぱい作りました。そして作ります!” それが今年の目標です。2021年は、ひとつ屋にとって飛躍の年にしたいと思っています。まずは、いいスタートが切れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。