メニュー 閉じる

米の栽培を始めます。

昔から「ミカンの花の咲くころに綿のタネをまくとよい」といわれています。ひとつ屋の染料農園でも、柑橘系の花が咲き始めたので綿のタネをまきました。ついでに今年は米のタネもまきました。そう! ついに! ひとつ屋では「コメ」の栽培も始めます!
といっても「陸稲」といって、畑で栽培できる種類で、もち米です。陸稲は、ご飯にしても美味しくないらしいのですが、お餅なら、まぁまぁ!らしいのです。お正月にはお餅にして食うゾッ! と楽しみにしています。
ちなみに、今年から老後の年金暮らしに備えて、本格的な家庭菜園の勉強を始めるので、いろんなタネもまきました。どれも実験的な栽培ですが、こちらの報告も、ぜひ!楽しみにしていてください。

▼ 今年も、ひとつ屋農園に柑橘系の花が咲きました。よい香りがします。
米の栽培を始めます。

▼ 陸稲(もち米)の籾。初めての稲作です!
米の栽培を始めます。

▼ ほかにも、稗や粟などの雑穀をはじめ、紅花やインド藍などの染料植物のタネもまきました。
米の栽培を始めます。

▼ 将来、花びら染めのアイテムも作りたくて、椿や薔薇の挿し木もしました。
米の栽培を始めます。

コロナでホームステイ期間中だっただけに、じっくり丁寧に作業することができました!

It has long been said in Japan that cotton seeds should be sown when mandarin oranges are in bloom. At our farm, mandarin oranges have bloomed, so we planted cotton seeds. By the way, we had planted rice seeds this year. We also start growing “rice”. Rice is an important food for Japanese people! Since I will start studying a full-scale kitchen garden this year, I have also planted various seeds. All are experimental cultivation, but I will report here so please look forward to it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。