メニュー 閉じる

沈殿藍(泥藍/藍錠)の作り方

もう何度も作っている沈殿藍(ちんでんあい)。別名、泥藍(どろあい)。おおよそ失敗なく作れるようにはなったのですが、もう少し濃い藍色にしようと試行錯誤を続けています。今回は、改めて〝蓼藍(たであい)による基本的な沈殿藍の作り方〟を紹介します。ちなみに、沈殿藍はインド藍や琉球藍で藍色成分(インジゴ)を抽出するのによく用いられる方法です。


沈殿藍(泥藍)の作り方


▼ これがタデアイです(タデ科イヌタデ属の一年生植物)。秋には、こんな花が咲きます。ただし、沈殿藍を作るのは藍色成分の多い半夏生(はんげしょう)を過ぎた7月の始めに収穫した藍(一番藍)が最も適しています。花の咲くころは不向きです。

ひとつ屋染料農園
ひとつ屋染料農園

▼ 刈り取った藍はフタ付きの大き目のバケツにふんわりと入れ、ひたひたの水を注いでから屋外で2~3日発酵させます。藍が水から出ないように落し蓋などをします。下の写真は炎天下で48時間くらいの状態です。

※葉のついた茎ごと発酵させてもよいのですが、ひとつ屋では葉のみを発酵させています。藍色成分の多い葉のみを使って、少しでも濃い藍をとりたいからです。

沈殿藍(泥藍)の作り方

▼ 60時間たった状態です。葉は褐色になり、気泡ができた水面には紫色の膜が張って、水にはとろみが出てきます。こうなれば発酵終了です。これ以上、発酵させても色が悪くなります。ちなみに、藍の独特な匂いのうえに強烈な腐敗臭がします。作業は屋外で行いましょう。

沈殿藍(泥藍)の作り方

▼ 葉をきれいに濾しとってから粉末の消石灰を加えます。消石灰は園芸店で購入することができます。20㍑の水に対し、約30㌘ほどの消石灰をいれました(一度に全量を加えずに、泡立ちや色の変化を見ながら少しずつ加えていきましょう。ph値で10〜11です。加えすぎると、白い石灰のせいで色が薄くなります。)。このとき、消石灰を粉末のまま入れるのではなく、色素が溶け出た水を300㏄ほど汲み取って、それで溶いてから少しずつ添加すると、ダマになったり、水量が増えたりせず、後の作業が楽です。

沈殿藍(泥藍)の作り方

▼ 消石灰の加えた後、かき混ぜていると白い泡(上の写真)が次第に青くなり(下の写真)、不思議なことに腐敗臭が消えていきます。空気を触れさせることを意識し、かき混ぜるというより、泡立てるイメージで頑張ってください。また、古くなった消石灰では効果が薄れるらしく、新しいものを使いましょう。

沈殿藍(泥藍)の作り方

▼ さらに撹拌を続けていると青い泡は大きくなり、泡がすぐに消えてしまうようになります。そうなるまでに、かき混ぜる回数が2000回とも、3000回ともいわれています。こうなれば撹拌終了です。

沈殿藍(泥藍)の作り方

▼ 撹拌を終了し、そのまま蓋をして二日ほどおくと、藍色成分が沈殿します。これが「沈殿藍」の名の由来です。その後、そっと上水を捨てて泥状になるまで水分を飛ばしたのが「泥藍」で、さらに水分を蒸発させ、乾燥させたのが「藍錠(あいじょう)」(下の写真)です。

沈殿藍(泥藍)の作り方

▼ 一般的には「泥藍」の状態でペットボトルなどにいれて保存します。長文になりましたが、以上が「蓼藍(たであい)による泥藍(沈殿藍)の作り方」です。これを使っての染め方については、別の機械にUpします。お楽しみに!

沈殿藍(泥藍)の作り方

 


ひとつ屋で「草木染め教室」のほか、Web Shop では植物染料の販売を行っております。ぜひ!ご覧ください。


7 Comments

    • hitotsuya

      あきさん、こんにちは。
      ひとつ屋のblogをご覧いただき、ありがとうございます。

      早速ですが、沈殿藍で染めるには灰汁やブドウ糖、消石灰など、または苛性ソーダやハイドロを必要としします。
      また、ちょっとした経験値やコツも必要で、ここでうまく説明できません。申し訳ございません。

      機会があれば、またホームページでも紹介します。それまでお待ちください。

  1. 現在、泥藍をつくってます。
    現在作業としては、布で濾して、水を入れてPHを調節している段階です。

    濾して出てきた上澄みは何かに使いますか?捨てるものですか?

    • hitotsuya

      こんにちは。ご質問、ありがとうございます。

      上水は捨てています。
      乾いた後にも腐敗臭が残るので、捨てた後は洗い流せる場所で捨てたほうがよいですよ。

      また、沖縄の泥藍などを見ていると布で濾していますが、これをすると藍が無駄になりませんか。
      もし、PHを調整したいなら、上水を捨て水を足して攪拌し、また上水だけを捨てる作業を繰り返してみてはいかがですか。
      (この作業で腐敗の時の不純物を取り除ける気もします。これは、あくまで“ひとつ屋式”ですが・・・)

      さらに、これをペーストにしたいようでしたら、ボウルやタッパ―に移して上水を蒸発させれば水分量を減らすことができますよ。

      藍染め、草木染めを楽しんでください!

  2. 後藤 夢見

    はじめまして。
    こんにちは。

    沈殿藍や藍錠の作り方を
    わかちあってくださり
    ありがとうございます!!

    質問があるのですが

    攪拌が終了し
    泥藍になるまで水分をとばす。
    とありますが

    どうやって水分をとばすのでしょうか?
    また
    藍錠も
    どのように水分をとばし乾燥させてあげるのでしょう?

    よろしければ
    教えてくださいm(_ _)m

    • hitotsuya

      こんにちは。

      ひとつのホームページをご覧くださり。誠にありがとうございます。

      早速ですが、沈殿した藍の上水を捨ててペットボトルなどに移し変えて保存しても大丈夫です。

      また、ご質問の乾し上げて保存するには、できるだけ上水を捨ててからボウルやバットに移して天日で乾かします。浅く広くしたほうが短時間で乾きます。

      ただし、ペースト状、または液体の状態で保存したほうが良い色になると言われる方もいますので、どちらもチャレンジしてみてください。

      これからも草木染めを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。