メニュー 閉じる

ひとつ屋の桑園(’21初夏編)

いつの日か自家製の繭から糸を作り、草木で染めて、布を織ることを夢見て、養蚕の準備を始めました。まずは蚕の餌をなる桑を植えたのが早春のころ。この地に根付くのか? 栽培方法は? と、不安ばかりのスタートでしたが、春び日差しとともに芽吹き、鶯がなくころには新緑を輝かせてくれています。今後が楽しみです!

ひとつ屋の桑園(’21初夏編)

ひとつ屋の桑園(’21初夏編)

▼ 早春
ひとつ屋の桑園(’21初夏編)

▼ 植えたばかりのころ。
ひとつ屋の桑園(’21初夏編)


ひとつ屋の桑園(’21年3月1日掲載)


In the future, I have been preparing for sericulture for several years , dreaming of making yarns from homemade cocoons, dyeing them with vegetation, and weaving cloth with the yarns. First, I planted mulberry, which feeds the silkworms, in the field at the end of this winter. Will it take root in this land? How to grow it? — I was worried. However, the mulberry sprouted in the spring and sunshine, and now the fresh green is shining. I look forward to the future!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。