メニュー 閉じる

Crafts ひとつ屋 + Workshop


ひとつ屋では草木染の植物染料をはじめ、四季折々の自然から生まれた色やデザインを大切にしたアイテムを手作りし販売しています。
天然染料で染めた布や糸で作った手織りのストールやTシャツなどの染織品のほか、レザークラフトのバッグやステーショナリー、さらにはアイアン・ワークスのインテリア・アイテムなど、一つひとつ丁寧に作っています。
そして、この“一つひとつ”へのこだわりが「ひとつ屋」の名の由来です。



~各種教室~
Workshop

◆ 草木染め教室
手紡ぎ・染め織り

自然からの色やデザインを大切にした草木染めともに、さまざまな染めや織りの技法を学ぶためのワークショップです。

◆ 彫金教室
ジュエリー制作

体験クラスから本格的な技術が習得できるチケット制の継続クラスまで、素敵なジュエリーづくりを楽しんでください。

◆ 革工芸教室
レザークラフト

ひとつ屋の「レザークラフト教室」は一般的な教室とは異なり、縫製や染色技法を取り入れた作品づくりをしています。


ひとつ屋ブログ

草木染めによる染め物や織り物はもちろんのこと、レザークラフトや木工品、アイアンワークス、染料農園や養蚕所のことなど、ひとつ屋に関するさまざまな情報を発信しています。


ウール(原毛)の藍の生葉染め

数年前に絹と同じ方法でウールの原毛を染めてみたのですが、あまりうまく染まらなかった経験があります。先日、何気に読んでいた本のなかに「ウール(原毛)の藍の生葉染め」が詳しく書いてあったので、早速やってみました。今回は、その染め方(ウール(原毛)/藍の生葉染め方)を簡単に説明します。


わっちゃ~ & とほほ~ん

例年になく長かった令和2年の梅雨。大阪でも大雨の日が数日ありました。そんなある日、ふと工房の2回作業場の天井を見ると、な・な・なんとッ! 濡れている ではありませんか。しかも、シロアリが・・・。駆除剤や予防剤を買ってきてDIYで戦います! さぁ、どこからでもかかってきなさい!


繭からショールへ(座繰り編)

繭が手に入ったので、久しぶりに座繰機を出して糸を取ってみました。繭が美しくも素朴な糸になりました。ここまでできるようになりましたが、ここからが難しいんです。正直のところ、いまだに納得するものになったことはありません。が、今度こそッ!いろいろと工夫と作戦を考えています。楽しみにしていてください。


沈殿藍づくりに産業革命!

沈殿藍づくりで辛いのが藍の生葉を腐らせた液を攪拌する作業。湯かき棒などで何千回も攪拌するのですが、悪臭は拡散するし、あちこちに液が飛び散るは、疲れるは・・・で、もう大変です。そこで、バスポンプを使って問題解決にチャレンジしました。結果、とてもよい藍色を得ることができました。


作れるけど、作らない

世界でも屈指の高品質を誇り、“ものづくり大国” を自負する国でありながら、 “made in Japan” の文字を見ることはありません。つまりは “作れるけど、作らない” もしくは “作れない” ということなのでしょう。それはとても残念な気がします。