メニュー 閉じる

藍の育て方⑧「藍の生葉染め」


藍の育て方⑧「藍の生葉染め」


前回のブログ『藍の育て方⑦「収穫間近の圃場」』では収穫間近の藍の状況を報告しました。今回は、収穫した藍で絹を生葉染めする工程を紹介します。材料は絹製品(シルクのストール、スカーフ、糸など。この方法では絹に限られます)と水と藍の生葉のみです。一切の薬品や助剤が必要ありません。本当に!シンプルな染色方法です。では、早速!その染め方を紹介します。


▼ 7月に入り、急激に繁茂する藍。

▼ 藍染めでは、その葉のみを用います。生葉染めでは、この最初に収穫する一番藍はよいといわれています。

▼ まずは、染めたい絹製品を中性洗剤でよくあらっておきます。特に、一度 身に着けたものは汚れや皮脂が付着しているので必ず、この作業を行ってください。ちなみに、ひとつ屋では大きな鍋で“煮洗い”をしています。

▼ 次に、収穫した藍の葉を少量の水と一緒にミキサーにかけ、青汁状の液体を作ります。この液体に、洗ってよくすすいだ絹製品(濡れたままでOKです)を浸して染めます。

▼ 5~10分、染料(青汁)のなかでムラにならないように動かしながら染め、その後は広げて空気(酸素)に触れさせます。

▼ 生葉の「緑」から「藍色」に発色したら水ですすぎ、乾かせば完成です!

▼ 写真では伝えにくいのですが、生葉染めでしか出せいない見事な “碧(あお)” に染まりました。藍の生葉染めは、おそらく最も古い染色方法の一つで、それだけでにとてもシンプルでナチュラルな色をしています。ぜひ!チャレンジしてみてください!


※ 今回は生葉で青汁を作る際にミキサーを用いていますが、ミキサーがない場合には葉を塩もみする方法もあります。YouTubeには、琉球藍を使った塩もみ染色法『【草木染】琉球藍の生葉染め(絹編)』を掲載しております。ぜひ!そちらも、ご覧ください。


以前にYouTubeでも『藍の育て方』を紹介しています。予習として、そちらも参考にしてください。


【 藍の育て方 Back Number】

藍の育て方①「種をまく」

藍の育て方②「発芽後の管理」

藍の育て方③「今年(令和3年)の状態」

藍の育て方④「畑への定植」

藍の育て方⑤「施肥と土寄せ」

藍の育て方⑥「梅雨」

藍の育て方⑦「収穫間近の圃場」

藍の育て方⑧「藍の生葉染め」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。